腹部左側の痛みの原因は?

左側の痛みの原因

左側の痛みはかなり一般的なものです。この解剖学的領域には、さまざまな組織や器官が含まれています。したがって、 左側が痛い理由 -不可能であるという質問に明確に答えることは不可能です。

記事の内容

左側の何が痛いですか?

不快な感覚は、たとえば肋骨のすぐ下や下腹部など、さまざまな領域に局在する可能性があります。彼らがどこにいて、どんな性格を持っているかに応じて、どの器官が影響を受けているか、どこで炎症が発生しているかについて話すことができます。通常、胃、膵臓、肝臓、腸です。

他の臓器を除外しないでください。

左側の痛みの原因

たとえば、左側の痛みは、他のいくつかの理由で発生することがあります。

  • 腎臓、尿管および膀胱、脾臓、子宮付属器の疾患;
  • 呼吸器系の損傷(肺、横隔膜、胸膜);
  • 心臓および心臓血管系の疾患;
  • 腹壁の病状-ヘルニア;
  • 末梢神経系の障害;
  • 血液と結合組織の病気;
  • 内分泌障害(例:真性糖尿病)。

妊娠中の痛み

妊娠中に左側が痛む場合、必ずしも鋭敏に反応する必要はありません。

ただし、次の状況では医師の診察を受ける必要があります。

  • 全身状態が良好な状態で突然鋭い痛みがありました。
  • 不快な感覚は30分以上続きます;
  • その強度は急速に増加しています。
  • 痛みには、皮膚の蒼白、全身の脱力感、意識の喪失、膣の出血が伴います。

上記の症状は、流産の脅威を示しています。受胎後の最初の数週間は、隣接する臓器を圧迫し始めるため、子宮のサイズが大きくなることで不快感が生じることがあります。たとえば、痛みは腸の脱臼によって引き起こされることがあります。

痛み症候群を特徴とする胃疾患

胃炎。典型的な症状は、痛み、吐き気、嘔吐、心臓の火傷です。胃の最も顕著な兆候悪化中のita。この病状により、左側が痛くなり、食事後や食事中に頻繁に痛みます。胃の中に圧迫感と重さを感じ、ベルを鳴らします。

胸焼けは食物が食道に入ったことを示します。多くの一般的な障害も発生します:脱力感、刺激性、心臓のリズムの乱れ、食べた後の眠気と発汗、貧血、手足の過敏症の障害。

消化性潰瘍。症状の強度と重症度は、病気の経過期間によって異なります。空腹時に、食後も同様の十二指腸の病理で痛みを伴う感覚が発生することに注意してください。

酸っぱい味の発疹を伴う心臓の火傷の存在下でも潰瘍が疑われます。患者では体重が減少し、食事後、吐き気、しばしば嘔吐が現れます。穴あき潰瘍は非常に危険です。この場合、胃の壁に開口部が現れます。この状況では、すぐに入院する必要があります。

胃の腫瘍これらの病状の危険性は、初期段階では何​​らかの形で現れないことです。将来的には、永続的であるが食事とはまったく関係のない痛みを伴う感覚が生じます。

腫瘍はさらにいくつかの症状で疑われる可能性があります:食欲不振、消化不良症状、肉嫌い、体重減少、貧血、満腹感、過食感

最も安全な原因は便秘です。これは通常、食べ物を食べすぎることで発生します。

左側が肋骨のすぐ下で痛い

この領域でのこの現象は、胃の病気、心臓発作、脾臓の破裂または肥大、横隔膜ヘルニア、心筋の損傷、胸膜炎、肺の下部に局在する左側肺炎、リウマチ性病変によって引き起こされる可能性があります。

痛みにはさまざまな性質があります:

  • 急性疼痛症候群。胃潰瘍の穿孔、脾臓の破裂、腎熱を伴う激しい痛みが現れます。これらの状態は生命を脅かすものであるため、緊急に医療支援を求める必要があります。
  • 鈍くてびまん性の痛みは、長く続き、胃腸管の鈍い病気について話します。ほとんどの場合、これらは膵炎、胃炎、胆嚢炎などの病状です。診断は、テストと調査の後に医療施設で行われます。
  • 痛みを伴う感覚の痛みは、ほとんどの場合、大腸炎や十二指腸炎などの炎症性疾患の鈍化によって引き起こされます。彼らが嘔吐を伴う場合、胃潰瘍があります。ただし、頻繁に出現するのは、冠状動脈疾患、胸膜アンギナの発作、および梗塞前の状態の兆候である場合があります。

左側が下腹部が痛い

左側の痛みの原因

この領域の不快な現象は、腸の病状、異所性妊娠、付属器炎、卵巣嚢胞のねじれまたは破裂を示しています。

頻繁なザブ痛みを引き起こす痛みは大腸炎です。通常、それは、排便、膨満、下痢への誤った衝動を伴います。潰瘍性大腸炎の場合、次のような現象があります:頻繁な軟便または血液と膿が混じった下痢、発熱、脱力感、食欲不振、おそらく体重減少、体の水分バランスの不均衡。

腸閉塞は、1日のうちいつでも起こるけいれん性の痛みが特徴です。その他の症状には、便秘、鼓腸、腹部膨満、非対称、吐き気、嘔吐などがあります。

腸の渦巻きは、1歳未満の子供によく見られます。同じ窮屈な痛みが発生し、血液が便に混入する可能性があります。

結腸がん。主な症状は持続性の便秘であり、治療が困難です。それらにゴロゴロと膨らみ、重さの感覚を加えました。顕著な段階で、腸閉塞が発生します。便には血液の不純物が含まれています。

付属器炎-ファロピウス管の付属器の炎症。ただし、痛みは病気の急性期にのみ発生します。付随する症状:発熱、悪寒、倦怠感、発汗、触診時の腹痛、頭痛、筋肉痛。

左側が痛いが、後ろに

肋骨の後ろにある痛みは、多くの場合、心臓病の兆候です。この症状は、胸膜アンギナ、大動脈瘤、心膜炎、心筋梗塞などの病状に特徴的です。

圧倒的多数の症例における上記の疾患はすべて、他の症状を伴うことに注意する必要があります。たとえば、肩甲骨、首、腕に心筋梗塞の痛みが生じ、大量の発汗、吐き気、息切れも観察され、めまいや立ちくらみが発生する可能性があります。

腰部の左側が後ろから痛い-腎臓の損傷の兆候、ほとんどの場合腎盂腎炎。

ただし、他の現象も発生します:

  • 中毒症候群;
  • 一般的な弱点;
  • チル;
  • 温度が40度に上昇します。
  • 吐き気、おそらく嘔吐。

慢性腎盂腎炎では、寒い季節に特に背中の痛みが顕著になります。さらに、この場合の排尿は、病状が膀胱に影響を与えることがあるため、非常に苦痛です。

運転、長時間の歩行、身体活動の後、痛みを伴う感覚が強まります。石で尿管が詰まっていると、尿中に血が混じり、吐き気や激しい嘔吐が見られます。石が尿管に移動すると、激しい鋭い痛みも発生します。

このような現象が発生した場合は、医師の診察を受ける必要があります。外科医、胃腸科医、外傷専門医、感染症専門医などの専門家に連絡することができます。

女性は婦人科医を訪ねることができます。主なことは、症状を無視したり、医師の診察を延期したりしないことです!

【左の腰痛】左腰痛は内臓↓原因です  ー腰痛ストレッチー

前の投稿 リングスリング-1年半までの子供のための快適な持ち運び
次の投稿 プロのヘアダイ:選択肢番号1