消化器内科:脂肪肝について

脂肪肝肝症の食事療法:栄養療法について知っておくべきことすべて

脂肪性肝炎、つまり脂肪肝は、現代の生活リズムと広範な種類の食生活でかなり一般的な病気です。この病理は非常に好ましい経過をたどっており、人体の生命にとって危険ではないという事実にもかかわらず、そのような診断であなたの食事に十分に注意を払う価値があります。そうでなければ、病気が進行し、さまざまな、時にはかなり深刻な合併症を引き起こす可能性があります。

記事のコンテンツ

どこから始めますか?

脂肪肝肝症の食事療法は、他の健康改善栄養システムと同様に、厳しい制限、禁止、ハンガーストライキを意味するものではありません。むしろ、これは適切な栄養の原則に似ており、間違いなく患者を喜ばせざるを得ません。

脂肪肝肝症の食事療法:栄養療法について知っておくべきことすべて

非合理的な食生活、悪い習慣、不健康なアルコールへの渇望、および日常生活の妨げ-これらすべての要因は、多くの深刻な病気を引き起こす可能性があります。それらの中には、真性糖尿病、高血圧、脂肪肝疾患があります。肝炎は後者の発達段階の一つです。この病理は、肝臓組織の細胞(肝細胞)に過剰な脂肪が蓄積する原因となります。

これにより壊死性病変が発生し、肝硬変につながる可能性があります。

また、肝炎は軽度の病期であると考えられていますが、そのような診断を下すときは、食事療法の順守を始めることが非常に重要です。ご想像のとおり、その基本原則はアルコールを避け、脂肪の摂取に敏感であることです。各臨床症例は個別であるため、主治医が適応症、禁忌、現在の年齢および保存的治療のダイナミクスを考慮して、肝肝疾患の食事療法を処方することが理想的です。

ただし、この治療表の主要な側面を紹介し、肝炎に推奨される食事の種類について説明します。

脂肪肝発症の基本的な栄養規則

脂肪肝肝症の食事療法:栄養療法について知っておくべきことすべて

多くの場合、患者はさまざまな情報源を読んだ後、セルフメディケーションを試み、食事から脂肪や炭水化物を熱心に減らします。

結果として、それはまったく治療効果ではなく、逆の効果をもたらします。体重が急激に減少すると、脂肪酸の活発な放出が始まり、これが病気の進行を悪化させ、さらには合併症を引き起こすことさえあります。

したがって、脂肪抑制文字通り、食事から完全に排除します。

また、通常のメニューを大幅に制限することはお勧めしません。身体に追加のストレスがかかり、内臓の疾患にはまったく不適切です。

確立された脂肪肝肝症の食事メニューは、脂肪代謝を回復させ、有用および有害コレステロールのレベルを調整することを目的としています血中。さらに、治療栄養システムは、最適な血中グリコーゲンレベルを保証します。これは、身体自体がさまざまな臓器やシステムの正常な機能に必要な量のブドウ糖を正確に生成することを意味します。 治療表は、胆汁の流出を正常化することもできます。これは間違いなく、肝臓と胆道の機能を完全に発揮するための鍵となります。

脂肪肝肝症の食事療法:栄養療法について知っておくべきことすべて

本格的な定期的な食事を含む十分に考慮されたメニューは、医療栄養の基礎となります。消費する食品の量と質を大幅に削減しないでください。

逆に、健康に必要な栄養素がどれくらいあなたの体に入るかについて考えることは価値があります。すべての肝疾患患者と同様に、アルコールやアルコール含有飲料の摂取は断固として拒否する必要があります。脂肪分が多いものや揚げ物を食べることはお勧めしません。

同時に、健康な人に特徴的なタンパク質、脂肪、炭水化物の消費率も監視する必要があります。ただし、ファーストフードや半製品ではなく、赤身の肉、魚、野菜、果物、シリアルからすくう必要があります。

脂肪肝肝症の食事療法の原則(表5):

脂肪肝肝症の食事療法:栄養療法について知っておくべきことすべて
  • 脂肪の多い肉がまだテーブルにある場合は、通常のメニューから除外します。
  • 食事は高カロリーである必要がありますが、食事による脂肪の摂取量は1日あたり70 gに制限する必要があります。
  • 高濃度のプリン酸とコレステロールを含む食品の消費を排除または制限する
  • 塩分の摂取量を最小限に抑えます。同時に、食卓塩を海塩(ヨウ素化)に置き換えることをお勧めします。
  • 複雑な炭水化物、繊維、ペクチンを含む食料源は、どのような量でも許可されます。
  • 水分をたっぷりと飲むことをお勧めしますが、浮腫を起こしやすい人は、この点について過度に飲んではいけません。
  • 揚げ物は完全に排除する必要があります。半製品、燻製肉、ソーセージも禁止されています。
  • 食卓に最適な調理オプション-煮る、煮込む、煮込む、蒸す;
  • 強くて濃厚なスープと脂っこいスープは、断固として禁じられています。
  • 脂肪の多いコテージチーズ、サワークリーム、コーヒー、ココア、炭酸飲料は、厳しく制限された量で摂取する必要があります。
  • 通常のメニューには、低脂肪でマイルドなタイプのチーズ、ハム、鶏の卵(ハードボイルドまたはオムレツの形で、1日1個以下)が含まれる場合があります。おすすめのシリアル-ソバ、セモリナ粉、オートミール、米;
  • ランチは軽いスープ(野菜、牛乳、肉、魚)から始めます。新鮮な野菜や果物のサラダを食べる価値もあります。

治療食を厳守することは、特定の診断がある場合にのみ可能であることに注意してください。他の場合と同様に、セルフメディケーションはあなたにとって役に立たないだけでなく、非常に危険です。病気が疑われる場合は、緊急に胃腸科医や肝臓専門医に相談し、必要な診断措置を講じる必要があります。

最適なカロリー摂取量+サンプルメニュー

まず、カロリー摂取量を遵守し、自分のケースに関連するタンパク質、脂肪、炭水化物のバランスを監視する必要があります。

したがって、ライフスタイルにもよりますが、1日の平均カロリー摂取量は1200〜1500kcalである必要があります。この値は、非常にアクティブまたは運動している場合に増加する可能性があります。 1日に最大6〜7回の食事ができるように、食べ物を配布するようにしてください。すべての食事は温かく提供する必要があります。メニューから温かい食べ物や冷たい食べ物/飲み物を除外することをお勧めします。

次の毎日の食事パラメータを順守する必要があります。

脂肪肝肝症の食事療法:栄養療法について知っておくべきことすべて
  • タンパク質-110g;
  • 脂肪-70g;
  • 炭水化物-300g;
  • 塩-6〜9 g;
  • ガスを含まない純粋な飲料水-1.5〜2リットル。

リストされているオプションに焦点を当てて、肝臓肝疾患の治療食の1週間のおおよそのメニューを個別に作成できます。また、毎日の食事に含めるのに理想的な食事も紹介します。

1週間または1か月の食事を作るための食事のホワイトリスト:

脂肪肝肝症の食事療法:栄養療法について知っておくべきことすべて
  1. 弱い肉(家禽)または野菜のスープ、および牛乳をベースにしたスープ。
  2. 家禽-皮のない鶏肉または七面鳥(ゆでまたは焼きたて)
  3. 魚-タラ、カワカマス、スズキ、スズキ、ニシンの漬け物。ブラックキャビアの使用は許可されています。
  4. 肉-フィルム、腱、軟骨を含まない低脂肪品種のみ。副産物は完全に排除する必要があります。あなたがそれらをとても愛しているなら、あなたはゆでた舌で自分を甘やかすことができますが、それを乱用しないでください。提出したチャンクまたはみじん切りにした肉を食べる(みじん切りではない);
  5. 卵-1日に1つ許可されます。タンパク質のみを食べる場合-制限なし;
  6. ベーカリー製品-昨日のライ麦または小麦のパン、無糖ラスク、ドライビスケット、ビスケットビスケット、ペストリー(濃厚ではありません!)
  7. 乳製品および発酵乳製品-カッテージチーズ(低脂肪が望ましい)、低温殺菌した全乳、ケフィア、発酵焼き乳。カッテージチーズのキャセロールは許可されています。マイルドで低脂肪のチーズは許可されています。
  8. パスタ-デュラム小麦の高品質のパスタのみ(数量限定、バター/チーズなし)
  9. 割り割り-ソバ、米、オートミール、セモリナ粉。最高の洗浄;
  10. お菓子-果物とそれらから作られた製品のみ(ジャム、ジャム、ジャム、コンポート、プリンなど)。菓子製品から、マシュマロ、蜂蜜、マーマレードが許可されています。砂糖は制限する必要があります。
  11. スパイスとハーブ-乾燥ディル、バジル、月桂樹の葉、新鮮なハーブ。シナモンとバニラは限られています。
  12. 飲み物-弱いお茶またはコーヒー(天然、葉物、醸造品のみ)、ローズヒップブロス、ジュース。

これらの簡単なルールに従って、独自のヒーリングメニューを作成できます。しかし、それでも、あなたの主治医にこれを任せる方が良いです。健康に!

肝硬変の栄養管理

前の投稿 冷凍ムール貝の作り方
次の投稿 餃子の生地レシピ