【超話題】妊娠中の栄養と食事 妊婦ヒーリング

妊娠中のトキソプラズマ症について知っておくべきことすべて

トキソプラズマ症は、ほとんどすべての人が人生で苦しんでいる非常に単純な病気です。それは無症候性であり、人体にとって安全です。しかし、妊婦にとって、そのような病気は本当の惨事に変わる可能性があります。

妊娠中のトキソプラズマ症は致命的になる可能性があり、逆に、驚くほど簡単に移すことができ、胎児に害を及ぼすことはありません。それがどのような病気で、どのように感染しているのかを理解しましょう。

記事の内容

トキソプラズマ症はどのように感染しますか?

完全に無害に見え、一見馴染みがあるとしても、妊娠中に本当に害を及ぼす可能性のある要因があります。最初のそのような要因はあなたのペットです。

妊娠中のトキソプラズマ症について知っておくべきことすべて

唾液や羊毛に対するアレルギー反応だけでなく、他の危険性の低い障害や障害も引き起こします。

トキソプラズマ症の主な原因は...猫です!はい、はい、あなたのペットはこの病気によく耐え、妊娠中のあなた自身にとって潜在的な危険になるかもしれません。トキソプラズマ-病気の原因物質は、動物の腸に住んでいます。彼らの性的複製はこの環境でのみ起こります。


当初、鳥やげっ歯類は猫にこの病気を感染させると考えられています。死んだラットとマウスは、バリーンストライプにとって特に危険です。猫は、ラットの罠でさえ、それらを食べないのはこのためです。これが起こると、猫は死ぬかもしれません。

しかし、トキソプラズマ自体は動物の消化管に不活性な形で生息し、他の人に感染します。この点で最も危険な要因は、毎日ごみ箱から取り出すペットの糞です。卵嚢胞は正確に腸の環境に住んでいて、それを去った直後に死ぬことはありません。彼らは猫が脱糞する土壌に入り、人々に感染します。ただし、ペットとの平凡な緊密なコミュニケーションがあっても感染が発生する可能性があります。

汚染された肉や魚を生で摂取することで、オーシストを飲み込むこともできます。そして、肉を切るときでさえ、トキソプラズマの卵はあなたの手に残ります-この手順の後にそれらを完全にきれいにしないと、トキソプラズマ症感染の可能性は最大の閾値まで増加します。

人間や他の家畜は、トキソプラズマの中間宿主にすぎません。最終的な所有者は常に飼いならされた猫または猫です。

この病気の陰湿さは、妊婦でも症状が出ない場合があります。場合によっては、トキソプラズマ症は外来患者ベースで研究所または診療所で診断されます。ただし、この病気の分析はすべての妊婦にとって必須であると考えられており、存在する場合はすぐに検出されます。

IgG抗体が妊婦の血中に存在するが、IgMが存在しない場合(これは最も頻繁で一般的な状況です)、これはあなたがかつて感染症に接触したことを示唆しているため、心配する必要はありません。それは無症候性です。今、あなたはあなたの体に免疫を持っています、そしてあなたは妊娠中に感染することができなくなります。状況が逆の場合は、妊娠中に最愛の猫を追い払う必要があるかもしれません。また、医師が規定するすべての規則と指示に厳密に従う必要があります。

感染がすでに発生している場合...

妊娠中のトキソプラズマ症について知っておくべきことすべて

診断トキソプラズマ症は、子供の魔法の期待の中で聞くことさえ怖いです。しかし、すべての偏執的な考えを脇に置いて、問題の本質を深く掘り下げれば、最初に考えたほど怖くないように見えるかもしれません。

子供にとっての潜在的な危険は、妊娠期間中の母親の一次感染だけである可能性があります。簡単に言えば、過去にすでにトキソプラズマ症に苦しんでいる場合、あなたとあなたの赤ちゃんは今危険にさらされていません。


一次感染について話すと、妊娠中のパーセンテージで見ると、次のようになります。

  • 最初の学期-すべてのケースの15%;
  • 第2トリメスター-全ケースの30%;
  • 第3トリメスター-全ケースの60%。

同時に、感染のリスクが高まるにもかかわらず、胎児に対するトキソプラズマ症の影響は同じ年代順に抑制されます。そして、その感染はすべての場合の100%で発生するわけではありません。

これは、妊娠の開始直後、つまり初期段階では、胎盤関門が不均一な病原性微生物に感受性がなく、まれに胎児に通過することを可能にすることを意味します。同時に、これが起こった場合、子供はしばしば人生と両立しない病状にかかります。トキソプラズマは通常彼の脳に影響を及ぼします。

第2トリメスターでは、感染の可能性が高くなりますが、胎児への病原性の影響は減少します。そして、第3学期では、感染があっても(妊娠期間中に発生する可能性が最も高い)、子供が深刻な病気になることはほとんどありません。トキソプラズマ症は、母親と彼の両方で無症候性です。

発育の第1および第2トリメスターで胎児に浸透したトキソプラズマは、主に脳と神経系に影響を及ぼします。

そして、多くの神経細胞は無傷のままであり、子供は生きる能力を保持していますが、出生時に次のような病状と診断される可能性があります。

妊娠中のトキソプラズマ症について知っておくべきことすべて
  1. メンタル私は後ろ向きです;
  2. 失明;
  3. 頭蓋内圧の上昇;
  4. てんかん;
  5. 難聴。

第3学期に感染した胎児は、完全に健康に生まれることができます。ただし、トキソプラズマ症ウイルスの潜在的な保因の可能性は排除されません。この場合、病気自体は最初の数か月、さらには数年で現れる可能性があります。

妊娠中の病状の診断

トキソプラズマ症の分析は、妊娠中の標準的な研究パッケージに含まれています。さらに、彼は通常2回降伏します-第1および第2学期に。それほど頻繁ではありません-3番目に。 IgGアビディティを伴うトキソプラズマ症が第1トリメスターで検出された場合、これは母体が感染に対して高い免疫を持っていることを示しているため、それ以上のテストは行われない可能性があります。アビディティは、抗体が対応する抗原に結合する強さを示す特性です。

トキソプラズマ症分析のおおよその転写物:

  • IgG陽性、IgM陰性-病気が非妊娠期間に移行し、今では強い免疫があるため、母と子を脅かすものは何もありません。
  • IgG陰性、IgM陽性-最も不利な状況であり、妊娠中の一次感染のリスクが高いことを示しています。
  • IgG陽性、IgM陽性-感染が過去1年以内に発生したことを示します。この結果には、観察と再検証が必要です。病気が妊娠していない期間に移行した場合、それは受精時までにすでに母親の体内で抗体が発生していることを意味します。ただし、赤ちゃんの妊娠後に感染が発生した可能性があります。

妊娠中のトキソプラズマ症IgG陽性は、多くの若い母親が信じているように、厳しい評決ではありません。そして、あなたは解読を見ることによってあなた自身の目でこれを見ることができます。あなたが取る、またはすでに合格した分析は、PCR法(ポリメラーゼ連鎖反応)によって実行され、それは非常に有益です。その唯一の欠点は、感染が何歳であったかを正確に示していないという事実です。

したがって、トキソプラズマ症のIgG抗体が陰性で、IgM抗体が陽性の場合、医師は妊娠中の予防策について教えてくれます。

妊娠中のトキソプラズマ症について知っておくべきことすべて

また、このような結果が得られた場合は、トキソプラズマ症IgGおよびIgMの分析が拡張形式で追加で実行されます。感染が確認されると、医師が適切な治療法を処方します。

多くの場合、特に胎児への危険が明らかな場合、女性は中絶を申し出られます。彼女がそのような措置をとることを拒否した場合、彼女の妊娠過程を監督する産婦人科医は適切な治療法を処方します。


常に効果があるとは限らず、初期段階で感染した場合はほとんどの場合、どのようにして子供がまだ障害を持って生まれることができるか。

あなたはそれが何を意味するのかを学びました-陽性のIgGトキソプラズマ症、そして今あなたはあなた自身の研究の結果を独立してナビゲートすることができます。あなたとあなたの赤ちゃんの健康!

① 1_子どもの予防接種と感染症対策

前の投稿 なぜ赤ちゃんは妊娠中に体重が増えるのですか?
次の投稿 シリコンブラ-オープンな服装に最適な下着