パパ必見! 実はあなたに原因があるかも?男性不妊の話

妊娠中のホルモン:ホルモン分析による診断

妊娠の成功過程は、妊娠中の母親のホルモン的背景に大きく依存します。この現象がなぜそれほど重要なのか、そしてどのホルモンが将来の妊娠に影響を与えるのか?

記事の内容

ホルモンは何について話しているのですか?

これらの物質は、特別な腺と体の個々の細胞によって生成されます。それらは血流に放出されて全身に運ばれ、特定の生物学的効果を引き起こします。ホルモンは、たとえ低濃度であっても、体のプロセスに大きな影響を与えます。

女性の体には通常の時間に存在しますが、出産期間中にのみ生成されるものもあるため、妊娠と胎児の発育の両方に直接影響します。

妊娠を計画する際のホルモンの分析は、主に受胎に問題があるか、深刻な病気の明らかな症状がある人に処方されます。たとえば、高アンドロゲン症、肥満、皮膚の脂っこさの増加、年齢 35歳以上-これらの要因は、一見非常に一般的ですが、問題の存在に関する身体の兆候です。

次のような場合にも分析のために送信されます:

  • 月経不順の場合;
  • 退行、流産の歴史;
  • 1年以上子供を妊娠することは不可能です。

実験室試験では、特定の物質のレベル、1つのホルモンが存在しない、または理由が一部の腺に隠されているなどを判断できます。これらは、月経周期の段階を考慮して実行されます。得られた結果に基づいて、専門家は生殖システムの状態を評価します。違反や病状が見つかった場合、彼は適切な治療法を処方します。

妊娠中のHCGホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)

これらの物質は、受胎の瞬間から7〜8日以内に血中に見られます。尿中では、1〜2日後に現れます。 HCGは、胎児の発育に必要な他のホルモンの産生を刺激するため、最も重要な役割の1つを果たします。

10〜11週間で最大濃度に達し、この指標は果物の数に比例して増加します。その後、彼のレベルは徐々に低下します。広く使用されている家庭用急速妊娠検査は、この物質の測定に基づいていることに注意してください。

2番目のストリップは、大量のhCGが尿中に蓄積したときに正確に表示されます。ただし、そのようなテストは異なりますp感度、月経が遅れる前でも妊娠を決定するものもあれば、その後にのみ決定するものもあります。

婦人科医は、hCGおよび他の多くの物質の濃度レベルによって、胎児の発育における異常の可能性を判断します。問題の存在は、生産が中断されたときに、過小評価されている場合と指標が増加している場合の両方で判断できます。

16〜20週間で、胎児の遺伝的病状を特定できるhCGを含むトリプルテストが実行されます。

異所性妊娠が疑われる場合は、hCGの血液検査が必須です。このような状況では、2日ごとに指標を監視する必要があります。病理学では、物質のレベルの増加ははるかにゆっくりと起こります。

hCGが低い場合は、排卵が遅く、受精が遅い、異所性または凍結した妊娠、終了の脅威、および胎盤機能の慢性的な機能不全を示します。高hCG:複数の妊娠、真性糖尿病、初期中毒症、IVF中の排卵を刺激するためのホルモンベースの薬剤の使用、胎児の発達障害、胎盤組織腫瘍。

ホルモンプロゲステロン:妊娠中に何について話すか

この物質は、受胎の瞬間から非常に重要な役割を果たします。特に、それは妊娠を維持する責任があります。まず第一に、子宮への卵子の正常な付着と将来のその発達はプロゲステロンに依存します。初期の段階では、子宮の緊張を和らげ、子宮内の血液循環を改善し、後で乳房の授乳のために乳腺を準備します。

プロゲステロンは卵巣と副腎皮質で産生されますが、子供が運ばれると胎盤で産生されます。妊娠以外では、そのレベルはサイクルのフェーズによって異なります。最大レベルは37-38週で観察されます。物質の量によって、第2〜第3トリメスターの胎盤の状態を判断できます。たとえば、レベルの低下は、流産または早産の脅威を示します。また、医師が胎児の期限が過ぎているかどうかを判断するのにも役立ちます。

量が不足すると、不妊症になります。女性が妊娠に成功したとしても、卵子は子宮内で2〜3日しか持続しません。

ご存知のように、妊娠を計画するとき、彼らはしばしば基礎温度の測定に頼ります。これは、排卵の時期、したがって最適な受胎日を決定するために行われます。ただし、不足している場合は、基礎温度は変化しません。

成熟した卵の放出と黄体の形成の兆候は、ホルモンのレベルが10倍に増加したことです。

タンパク質はこの物質の産生に影響を及ぼします。後者がないため、前者のレベルの低下が見られます。ビタミンEとグループBの助けを借りてバランスを正常化することは可能であるため、計画段階で、体内への摂取量を調整する必要があります。両方の配偶者がより多くのタンパク質食品(肉、魚、穀物、大豆)を食事に取り入れることが重要です。

妊娠中の甲状腺ホルモン

これらの物質はIの機能に直接関与していますochnikov。甲状腺の異常はしばしば不妊症につながります。

甲状腺によって産生されるホルモンは、そもそも胎児、心臓、血管、脳の臓器やシステムの正常な発達に関与しています。構想が成功した後、彼女はより生産的に働き始め、サイズがわずかに大きくなります。

T3、T4、TSHの分析は、すべての女性を対象としているわけではありません。基本的に、これらはこの腺の病気に苦しんでいる人々によって必要とされます。眠気、疲労、脱毛、爪のもろさ、皮膚の乾燥、血圧の低下、息切れ、浮腫、妊婦の過度の体重増加に対して処方することができます。

多くの場合、妊娠中に甲状腺によって生成されるホルモンは不十分な量で生成されますが、逆の状況、つまり甲状腺機能亢進症、過剰なレベルの物質も発生します。この病状は、早産、子癇前症、浮腫、胎児奇形、低出生体重につながる可能性があります。

妊娠中のTSHまたは甲状腺ホルモンが低すぎると、流産、発達の凍結の可能性が高くなり、新生児は精神遅滞および発達異常を起こす可能性が高くなります:

  • トリヨードチロニン(T3)。その産生は、甲状腺の濾胞細胞による甲状腺刺激ホルモン(TSH)によって制御されます。 T3はよりアクティブなT4の前身であると言えます。
  • チロキシン(T4)。基本的な代謝プロセスの速度を上げ、それによって、脾臓と脳を除く体のすべての組織での酸素消費と熱生成を増やします。病状がない場合、男性と女性の両方でのそのレベルは生涯を通じて変化しません。甲状腺の活動が低下すると、将来の親の健康が損なわれる可能性があります。この物質は、脂肪、炭水化物、タンパク質の合成と分解、発達と繁殖に関与しています。その指標は、絶食、不均衡な食事、鉛との接触、ストレス、激しい肉体労働の間に低下します。
  • 妊娠計画における甲状腺刺激ホルモン。それは甲状腺の機能に関与しているので、そのレベルの変化は腺の病気を示しています。脳内で甲状腺刺激ホルモンを産生します。

記載されている物質は、受胎後だけでなく、子供の計画段階でも監視されます。基本的に、これは不妊症や流産などの原因を特定するために必要です。この研究では、空腹時の静脈から血液を採取します。

こどものより良い成長を目指して 〜低身長・肥満の診療を通して伝えたいこと〜

前の投稿 緑の目の美しいメイクの秘密
次の投稿 生命のない乾燥した髪を回復するためのマスク