道具なし!吸引器不要!まさかのアレであかちゃんの鼻詰まり解消方法を紹介!!

新生児の鼻水を治すには?

子宮内では、胎児は液体培地にあり、気道の粘膜は完全に形成されずに生まれ、その承認は最大4か月続きました。したがって、有害な外的影響は粘膜を刺激します。これは、乾燥した空気、ほこり、病原菌、または強い臭気である可能性があります。

粘膜は透明な分泌物を分泌することにより刺激に反応し、最初は液体の粘稠度があります。両親が子供のために生理学的鼻炎を適切に治療する方法を知っている場合、状態は悪化せず、子供は長引く鼻炎に直面しません。

記事のコンテンツ

乳児の鼻水

新生児の鼻水を治すには?

新生児の鼻づまりは珍しいことではありません。子供の鼻からの透明な液体の放出と外部刺激との反応は正常な現象です。生理的タイプの乳児の鼻水を治療する方法は、乳児の上気道の特別な構造がなければ、考えられなかったでしょう。

新生児の鼻道は短くて狭いです。少量の粘液でさえ、詰まり、腫れ、赤ちゃんは吸うことができません。摂食中、彼の口は忙しく、彼は彼の鼻を通して呼吸しなければなりません-そうでなければ、吸うことは機能しません。

両親がそのような症状に注意を払わないと、赤ちゃんは落ち着きがなくなり、栄養失調になり、体重が減り、免疫力が低下します。細菌性鼻炎が生理的鼻炎に加わります-通常の水晶では、部屋の空気を病原菌から完全に取り除くことは不可能です。

生理的鼻炎の感染への移行を防ぐには、子供を助ける必要があります。

この段階では、血管収縮薬の滴下は必要ありません-室内での衛生対策と鼻のすすぎが役立ちます。

部屋は清潔で、56〜65%の湿度で換気されている必要があります。子供の鼻はやがて粘液が除去されなければなりません。

新生児の風邪の治療方法は?

利用可能なツールを使用できます:

  • ゴム球またはアスピレーター;
  • 生理食塩水リンス液-自分で作成するか、薬局から購入したもの
  • 綿棒またはガーゼターンダス
  • 針のない2キューブシリンジ;
  • 酢酸トコフェロールまたはクロウメモドキ油の油性溶液。

ガーゼを油に浸した状態で定期的に鼻をクレンジングしても効果がなく、粘液が多くなる場合は、鼻を洗浄する必要があります。このため赤ちゃんは樽の上に置かれ、鼻の粘膜は油溶液で潤滑され、クラストを柔らかくします。その後、慎重に削除されます。

次に、洗浄用の溶液を子供の鼻孔にそれぞれ2立方体ずつ注入し、粘液を含む水をアスピレーターまたはゴム球で吸い取ります。手順終了後の粘膜は、油​​剤で潤滑されています。

子供の鼻水を、自作の溶液で、または医薬品のAquamaris、Aqualorなどで治療する方がよいでしょうか。これらの高価な薬はすべて一般的な生理食塩水です。 1リットルの水に、小さじ1杯の塩を入れてかき混ぜます。自家製のソリューションはさらに優れており、無関係な改善剤が含まれていないことが確実になります。

赤ちゃん向けのこのような組成物を1時間に数滴滴下してから、ツルンダで鼻を洗浄できます。この場合、フラッシュは必要ない場合があります。

幼児の風邪の兆候

新生児の鼻水を治すには?

フラッシングは使いすぎないでください。保護粘液のない鼻腔が乾き始めます。そして、病原菌の急速な導入があります。たまたま、ママは対策を保存し始める時間がありません。赤ちゃんの場合、病気はほぼ瞬時に発症します。

粘膜は最初に青白くなり、次に赤くなり、分泌物が濃くなり、濃い白色になります。子供は気まぐれになり始め、彼の体温は上がるかもしれません。医者が幼児の同様の風邪を治療する方法を提案したほうがよいでしょう。

病気を始めることは不可能であり、感染は減少します-それは気管支に非常に迅速に影響を及ぼします。鼻炎の種類(アレルギー性、細菌性、またはウイルス性)を特定し、適切な治療を処方できるのは医師だけです。

子供の血管収縮薬にはさまざまな効果があります:

  • 最も一般的に処方されているナジビンは血管収縮薬であり、有効成分はオキシメタゾリンです。新生児には、0.01%溶液を1滴、最大1日2回投与します。治療期間は5日以内です。
  • ビブロシル-有効成分-フェニレフリン。 1日3〜4回使用できます。血管収縮剤に加えて、抗アレルギー効果があります。使用期間-最大1週間;
  • ナゾールの赤ちゃんもフェニレフリンをベースにしています。

子供の風邪を治療する最良の方法は、経験によってのみ決定されます。鼻に点眼する前に、粘膜から排出物が取り除かれます。鼻づまりを垂らしてもあまり効果はありません。

鼻炎が慢性化した場合は、その病気が何に関連しているかを調べる必要があります。いくつかの理由が考えられます:

  • アレルゲンへの絶え間ない曝露;
  • 室内感染;
  • 子供の周りの一部の成人は、体内に病原菌を持っていますが、彼を妨害せず、赤ちゃんに常に炎症を引き起こしています。たとえば、これがStaphylococcusaureusの仕組みです。
  • 鼻の血管の神経反射メカニズムの違反によって引き起こされる血管運動性鼻炎は、3歳未満の子供ではまれですが、すべて起こります。

小児の残存鼻炎の治療方法は?医師は、地元の吸入手段に加えて、反射マッサージ、特別な地元の薬を処方することがあります。各ケースは個別に検討されます。

赤ちゃんの鼻水治療薬

新生児の鼻水を民間療法で治療するかどうか、もしそうなら、どの治療法ですか?

最大2か月間、植物材料に基づく民間療法による治療は固く禁じられています。許容される最大値は、母乳で鼻を垂らすことです。 21日目からは、1日2回、鼻腔に希釈したニンジンジュースを1滴注入することがすでに可能です。皮膚軟化剤、抗炎症剤として機能し、免疫力を高めます。

病気をすばやく治すために、子供のかかとにアスタリスクバーム、ユーカリオイル、またはガチョウ脂肪を注ぐことをお勧めします。乳児の生後2か月までの強いにおいは、重度のアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

さらに、皮膚は非常に繊細であり、すぐに吸収が起こります-身体に深刻な損傷を与える可能性があります。かかとにグース脂肪を塗ってください-お願いします。病原菌やアレルギー性鼻炎の場合のみ、その作用は役に立ちません。

2か月から、カレンデュラとカモミールに基づくハーブ煎じ薬を局所適用に使用することがすでに可能です。 4か月から、水で1/3に希釈したビートジュースとアロエジュース(1 / 4、6から)で鼻を垂らすことが許容されます。セージを薬草のリストに追加します。

ニンニク油は6ヶ月から使用できます。ニンニクのクローブをみじん切りにして、スプーン1杯の植物油と混ぜ、1日3回赤ちゃんに塗ると、鼻の翼が内側から浅くなります。

赤ちゃんの鼻づまりを軽く扱わないでください。未治療の鼻炎は、副鼻腔炎、副鼻腔炎、気管支炎などの深刻な合併症を引き起こす可能性があります。乳児の風邪を時間どおりに正しく治療し、病気の原因を特定して排除すれば、子供は合併症に直面することはありません。

【赤ちゃんの子育て】鼻づまりの解消法

前の投稿 フォーム上にゲルを蓄積させる
次の投稿 菖蒲の移植と繁殖の種類