【ガチガチ太もも】太ももの張りを取り除く皮下脂肪はがし&ストレッチ

皮下のウェンを取り除く方法は?

おそらく、誰もが少なくとも一度は皮膚の下に小さなシールの出現に遭遇しました。最初は、体にほとんど目立たないしこりがあり、手触りが柔らかく、エンドウ豆に似ています。わずかにずれて、皮膚の下で転がる場合があります。

皮下のウェンを取り除く方法は?

時間の経過とともに、そのようなボールはサイズが大きくなる可能性があり、人々が脂肪組織から新生物と呼ぶように、ウェンが現れたことが明らかになります。これは実際には良性の腫瘍です。

医学では、それに特別な用語があります-脂肪腫。慌てる必要はありません-この教育は腫瘍学とは何の関係もありません。私たちは悪性組織の成長について話しているのではありません。

ウェンの除去は、すばやく簡単に行うことができます。

記事の内容

なぜ脂肪腫は不快なのですか?

ウェンは、炎症を起こしたリンパ節に外見的に似ています。 2番目の問題とは異なり、脂肪腫は痛みや発熱を引き起こしません。長い間、腫瘍は目から隠れることがあり、その所有者は新生物について疑うことさえありません。

小さなボールは触ると痛くなく、脂肪組織が存在する体のどの部分にも現れる可能性があります(腹部でも!)。

脂肪腫は、主に顔とあごに発生する皮下のにきびと混同しないでください。それらの理由は似ています-脂漏性管の破壊。ただし、にきびの場合、皮膚の下に小さな化膿性のしこりが現れます。

最大の問題は、外観の点で皮下形成です。魅力のない膨らみは、常に衣服の下に隠れているとは限りません。小さな白いしこりも顔に醜く見えます:目の下、眉の上、まぶたの上。

そのため、多くの人が体に跡や傷を残さずにウェンを取り除く方法を考えています。

脂肪の小結節が現れる理由

ウェンの出現は通常、主に不適切な食事によって説明されます。食べ物を無差別に消費し、不自然な成分を含む食べ物を食べると、人々は体を浄化するプロセスを混乱させます。

これに加えて、他の外的要因があります:不活発なライフスタイル、不規則性、不合理な栄養。その結果、胃腸管の運動性が損なわれ、対処できなくなります。割り当てられたタスク。

彼には腐敗生成物を体から取り除く時間がありません。余剰分はどこかに行く必要があるので、徐々に石灰の木の形で皮下に沈着し始めます。脂肪球は、脂漏性腺をブロックする老廃物の蓄積です。

フォークメソッドによるwenの削除

体の脂肪腫がそれほど大きくない場合は、自宅でウェンを取り除くことができます。一般に、脂肪腫部位の血液循環を増加させることを目的としているため、代替方法による治療は非常に安全です。伝統医学では、天然のハーブ成分に基づいて体にさまざまな湿布を適用することを推奨しています。

クリニックに行きたくない場合、ウェンを取り除く方法は?最も効果的な方法は、金色の口ひげの破れたばかりの葉からの湿布、または別の言い方をすれば、香りのよいカリスです。葉は地層の外観の場所に適用され、しっかりと包帯されます。

皮下のウェンを取り除く方法は?

上から、本体をプラスチックラップで包み、湿布を少なくとも10時間放置することをお勧めします。金色の口ひげの代わりに、ニンニクをパルプ状態に粉砕することができます。これは、数滴の植物油と混合する必要があります。 製品は、シール形成部位で毎日皮膚に擦り込むことをお勧めします。カリシアの葉の手順は、生の鶏卵のフィルムから作られた湿布に置き換えることができます。 しばらくすると、湿布を適用した場所で、皮膚が赤くなり、わずかに腫れていることに気付く場合があります。

これは、当然のことながら、組織への血流が増加したことを意味します。しばらくの間、皮膚を休ませて回復させる必要があります。再び正常に見える場合は、手順を繰り返すことができます。

頭皮の下や、独立した操作ができない他の場所での頭のウェンの除去は、専門家に任せるのが最善です。また、腫瘍が炎症を起こしているか、サイズが大幅に増加している場合は、別の方法を使用することはお勧めしません。

セランディンには有用な薬効があります。生え際のない場所にウェンが現れた場合は、その出現場所にこの植物のジュースを数滴落とすことができます。セランディンは十分に有毒です。そのジュースの影響下で、脂肪腫に小さな穴が現れることがあります。

痛みが現れた後、アザラシの内容物は、焼いたタマネギ、ヴィシュネフスキー軟膏、アロエジュース、またはオオバコの葉から湿布を皮膚に適用することによって自宅で取り除くことができます。ただし、注意してください。セランディンは皮膚を火傷する可能性があります。

上記の民間の方法が機能するためには、皮下結節の治療と一緒に、0.5〜1.5杯の挽いたシナモンを経口摂取し、牛乳やコーヒー、スープ、シリアルに加えることをお勧めします。

wenの外科的除去

脂肪腫が多い場合は、届きにくい場所にあり、拡大しているサイズが大きいか炎症を起こしている場合は、必ず医師に相談してください。レーザーまたは他の外科的方法でウェンの除去を処方する前に、医師は地層の研究を行います。彼は穿刺を行い、脂肪腫の性質と内容を調べ、必要に応じて、超音波スキャンまたは追加の研究のために患者を送ります。

クリニックでの主な治療方法:

皮下のウェンを取り除く方法は?
  • 脂肪腫内への特殊な薬剤の注入-組成物は腫瘍の内容物を内側から吸収し、傷や傷を残しません(シールが数センチメートル以下の場合)。
  • 外科的除去-麻酔下で行われ、皮膚に介入の痕跡を残します(形成が3cmを超える場合)。
  • レーザー療法-治癒に時間がかからず、痛みがなく、傷跡が残りません。

手術後、ウェンの内容物を組織学的検査に送ることができます。脂肪腫自体だけでなく、それが位置するカプセルも除去して、形成の再現を防ぐことが重要です。操作がうまく行われないと、腫瘍が再び体に現れる可能性があります。

自宅での大きなウェンの自己治療は禁じられていることを理解することが重要です。脂肪腫の内容物を絞り出す必要はありません。その結果、体に感染し、体にさらに成長したアザラシの形で合併症を起こす可能性があるからです。

目標が新生物をすばやく痛みを伴わずに取り除くことであり、脂肪腫を覚える傷をつけないことである場合は、経験豊富な医師に相談する必要があります。

>

粉瘤 くり抜き法 大阪梅田形成外科

前の投稿 鼻のバサリオーマ:病気はどのように現れ、どのように治療するのですか?
次の投稿 アーティチョークを準備するための特性と方法は何ですか?