アンギナの治療のための薬用湿布:適用規則

誰でも、一年中いつでも喉が痛くなる可能性があります。子供たちは特に病気になることが多く、冬には路上で雪だるま式に遊んだり、暑くて汗をかいた雪の漂流を駆け抜けたりするのが好きです。夏の暑さの中、冷たくて甘いアイスクリームに抵抗するのは非常に困難です。結果はほとんどの場合同じです-アンギナ。

この病気は危険であり、時期尚早または不適切な治療の場合に多くの合併症を引き起こします。どんな年齢でも喉が痛くなるのは望ましくありませんが、病気を防ぐことができなかった場合は、緊急の対策を講じる必要があります。

アンギナの治療のための薬用湿布:適用規則

さまざまな薬用化合物でトンシルをガーグルし、潤滑するとともに、アンギナを治療する最も一般的な方法の1つは、湿布の適用です。この方法の有効性をめぐる論争は続いており、公的医療は今日までそれについて懐疑的です。しかし、複数の世代の経験は、民間療法が本当に喉の痛みを取り除き、体温を下げ、痛みを軽減するのに役立つことを証明しています。

喉の痛みの発生で湿布を作ることは可能ですか?

いつどのように圧縮を行うのですか?

大人は、不快なくすぐりと痛みを感じるだけで、すぐに口と喉をハーブの注入で洗い流し、医薬品でそれらを洗浄し始め、ウォッカローションを入れます。しかし、この場合、これらの操作を取り除くことはできません。残念ながら、抗生物質を使用せずにアンギナを治療することは非常に困難です。アンギナに対してどのような圧迫を行うことができますか?

アンギナは高温で発生し、全身に激しい痛みを伴い、全身の中毒を引き起こします。もちろん、ガーグルとハーブローションは病気の経過にプラスの効果をもたらし、抗生物質が嫌われている細菌をできるだけ早く倒すのに役立ちます。

ルールに従って湿布を置く必要があります。したがって、それらを設定するための最良の瞬間は、喉の不快感と痛みがすでに存在し、温度が正常なままである、病気の始まりです。

警告!

アンギナの治療のための薬用湿布:適用規則

38度を超える高温では、湿布の設定は禁止されています。これは、患者の状態を悪化させ、体温をさらに上昇させ、リンパ節を増加させるためです。さらに、そのような過熱は細菌の集中的な発生を引き起こし、化膿性の喉の痛みを伴う膿瘍の可能性を高めます。病気の最初の段階では、アンギナの湿布が気を散らす役割を果たします。胸と首の血液循環を増加させ、気を散らして体の奥深くまで浸透し、抵抗力を高めます。

そして、高温での急性期の終了後、ローションは、トンシル上の化膿性の形成を溶解するのに役立ちます。

湿布を置くことが可能で必要な時点を知ることに加えて、それを置くことができることが重要です首に。そのため、甲状腺が位置する首の前面を温めることは固く禁じられています。 ウォームアップおよび断熱ゾーンは、首の側面と胸の上部にのみ拡張する必要があります。

圧縮は異なります

すべての薬用ローションはウェットとドライに分けられます。ドライローションは、とげのある繊維が付いたウールのスカーフまたは加熱されたフランネルのおむつを首と胸の上記の領域に塗布することです。温度が高いときに使用されます。

アンギナの治療のための薬用湿布:適用規則

湿った湿布は、加温と治癒に分けられます。薬用ローションをセットするときは、急速に吸収されて細胞内膜を透過できる薬が使用されます。

これらの薬剤の1つはDimexideであり、他の有効成分との湿布に使用され、皮膚への浸透を改善します。

たとえば、2:2:1の比率で調製されたハチミツとアロエジュースを含むジメキシドの溶液は、温湿布として最適です。

化膿性の喉の痛みのためのそのような湿布は、有用な成分が病気の焦点に素早く浸透し、中和微生物を助けるのに役立ちます。

すべての成分を完全に混合し、得られた混合物をガーゼナプキンに浸し、リンパ節領域と首の側面に塗布し、ポリエチレンで覆い、スカーフで断熱する必要があります。このような湿布は3時間以内に装着し、灼熱感やかゆみなどの不快な感覚が現れた場合は、すぐに取り除く必要があります。

湿った温湿布には、伝統的にカモミール、アロエ、セージのアルコール溶液が使用されます。これらの色合いが家にない場合は、簡単なウォッカを圧縮することができます。

アンギナの治療のための薬用湿布:適用規則

アンギナで喉にウォッカコンプレスを使用できるのは、大人を治療する場合のみです。子供には、コテージチーズと小麦粉を加えたポテトウォーミングまたはハニーケーキを使用することをお勧めします。皮膚からのアルコールも血流に吸収され、赤ちゃんの体の中毒を引き起こす可能性があります。コテージチーズとハチミツで作られた湿布も、アンギナによく使用されます。

病気で、喉が痛くて、熱がある場合は、自分を癒そうとしないでください。

不快感の原因を特定し、適切な治療を処方できるのは医師だけです。

健康を危険にさらさず、すぐに医療機関に助けを求め、診断を下して医師に相談した後、許可されているすべての方法を使用して病気を治療してください。

>
前の投稿 自宅で白を白くする
次の投稿 圧力調理器でおいしい自家製シチューを調理する