問題社員の解雇の方法について弁護士がわかりやすく解説!

解雇時に給与が支払われない-どこに行くのか?

雇用主との雇用契約を終了する際には、解雇時に支払われない可能性のある問題の可能性を考慮する必要があります。この場合の行き先は、解雇後は稼いだお金を受け取れない可能性があるため、誰もが知っておく必要があります。理想的には、すべての財務計算は解雇の日に行われるべきです。すべての支払い条件とその注文は、TCで交渉されます。

記事の内容

従業員の権利

解雇時に給与が支払われない-どこに行くのか?

解雇時に賃金を支払わない理由を尋ねるときは、基本的な月給に加えて、従業員が合法的な休暇や退職金を使用しなかった場合に補償を支払う必要があることに注意することが重要です。給与には、すべての依存ボーナス、すべての種類の追加の支払いおよび手当が含まれている必要があります。元本は、社内の現在の報酬システムへの準拠に基づいて決定されます。

給与は、完全な会計計算の後に支払われます。従業員と雇用主の間で支払い額に関して紛争がある場合、彼らは給与の合意された部分を支払う必要があり、残りは問題の司法上の解決後にのみ支払われます。

雇用主が解雇後に稼いだお金の支払いを拒否した場合、どこに行けばいいですか?給与はいつ支払うべきですか?これらすべての質問に対する答えがあります。主なことは、問題を解決するために責任あるアプローチを取ることです。

発行のおおよその日付

解雇後、給与が支払われなかった理由、この場合はどこに行けばよいのかという質問では、TC(140の記事)が役に立ちます。稼いだお金を発行するための条件と特定の条件が示されているのはその中にあります。公式情報源に示されている情報によると、解雇後、従業員が働いた最後の日にいくらの給与を支払うべきかという質問に対する答えがあります。もう1つのオプションは、従業員が支払いを要求した瞬間から24時間以内です。

解雇後、元従業員は給与に加えて、次のものを手に入れる必要があります。

  • 獲得した合計金額を支援します。
  • 解雇に関する情報が記載された雇用簿;
  • 従業員から要求された追加の文書:プロモーションのコピー、休暇、職場への受け入れ、行われた転送。

さらに、雇用主は合弁事業を提供しなければなりません2-NDFLフォームの修正。

雇用契約に基づいて働く市民のための行動のリスト

解雇時に給与が支払われない-どこに行くのか?

解雇時に給与が支払われるべき定められた期間中に、公務員が法定金を受け取らなかった場合、彼は労働監督に助けを求める権利があり、そこで同様のすべての申請書が提出されます。彼が結果に満足していない場合、最良の選択肢は訴えることです。プロセスを開始する前に、雇用主は合意された金額の一部を支払う必要があります。

公式に働いた人々、および解雇後に給与を支払わなかった場合の行動のリストは次のとおりです。

  1. HRから労働力を集めて、その返還に関するさらなる問題を回避します。
  2. 資金不足のために組織が支払いを行えない場合(たとえば、すべての税金拠出金が支払われた後)、解雇後に雇用主が給与を支払わない場合があるため、支払いを拒否する理由を明確にします。
  3. 収入証明書を取得して、将来、従業員が給与を受け取る金額と支払いの規則性を証明できるようにします。

先月の処理後に上記のアクションが実行された場合、これは元従業員による違反ではありません。

作業が非公式の場合の対処方法

給与が現金で支払われる場合(封筒)、雇用主から支払いを受け取るのはかなり困難です。これは、従業員が雇用契約の条件に従わない場合に発生するため、検査に連絡しても意味がありません。解雇後に給与が支払われない場合、この場合はどうすればよいですか?

手順は次のとおりです。

解雇時に給与が支払われない-どこに行くのか?
  1. 元従業員は、彼に有利な証拠を収集する必要があります。これらは、会計計算、任意の財務文書である可能性があります。
  2. 収集した書類のパッケージを使用して、検察庁に連絡する必要があります。ほとんどの場合、他の非公式の会社の代表者の存在について、関連する組織のチェックが始まります。その結果、当局からの圧力を受けて、雇用主は元従業員に給与を支払い、検察庁にかなりの罰金を支払います。
  3. 稼いだお金を支払うために、あなたは法廷に行くことができます。それほど時間はかかりません(1ヶ月以内)。ほとんどの場合、従業員は正しいことが判明し、特定の期間に獲得した全額だけでなく、道徳的補償も受け取ります。

公務の不履行、他人の財産の損害、または解雇を伴うその他の明らかな違反の場合、元従業員に対する裁判所の決定は不快な驚きとなる可能性があることを覚えておくことが重要です。

ヘルプの入手先

問題のあるtog雇用主が解雇時に賃金を支払わないという事実については、ロシア連邦の連邦法が対処を支援します。これは、元従業員が都合のよい形でさまざまな当局に支援を求めることを前提としています。

正確にどこに応募すべきかは、従業員のステータス(公式または非公式の雇用)、いずれかの組織の対応の結果に対する不満によって異なります。懸念事項は電話で簡単に報告できますが、正式なレビューが必要な場合は、元従業員からの書面による声明が必要になります。

不満のある当事者が解雇後に電話をかけることができる電話で、さらなる措置の手順が指定され、公務員との面会の時間が合意されます。

解雇時に給与が支払われない-どこに行くのか?

正確でタイムリーなアプローチにより、解雇後に給与を支払わなければ、問題に簡単に対処できます。労働検査の従業員は、書面による訴えを作成した後、何をすべきかを促す必要があります。上記のように、他の選択肢は、検察庁に援助を申請するか、法廷に行くことです。後者は、必要な書類のパッケージの存在を前提としており、従業員への法定金の不払いの主な状況を完全に明らかにしています。

あなたの権利と稼いだお金のために戦うことを決定するとき、あなたは事前に州当局に提出するために必要な書類の世話をする必要があります。

これには次のものが含まれます:

  • 行われたすべての支払いに対する利息の詳細な計算。
  • 雇用契約のコピー、および利用可能な場合は(従業員が正式に働いていた場合)、雇用契約。
  • 支払いの既存の延滞を示す証明書(これは賃金だけでなく、休暇の支払いや特典にもなります)。
  • 支払いの違法な遅延に関する情報を示す、前の経営陣に訴える声明。
  • 従業員の内部パスポートのコピー。

元従業員は、関連する操作を実行するために急いでいる必要があります。解雇の日から3か月以内に政府機関に連絡することで、プロセスのトラブルや困難を回避できます。

雇用主が従業員への支払いを拒否した場合、前者の場合、手続き中に政府機関によって定められた罰金またはその他の形態の責任を脅かされます。

【コロナ解雇対策】失業保険のもらい方マニュアル完全版!(自己都合/会社都合/再就職手当)

前の投稿 私たちは自宅にウィンターガーデンを配置します:ユッカを適切に世話する方法は?
次の投稿 なぜ左腎臓が突然痛むのですか?