【アニメ】駅で迷惑おばさん「買う切符を間違えた!自分の切符とお前の切符を取り替えろ!」絡まれた友人母が困っていると友人が…【スカッと/漫画動画】

海が呼んでいる:赤ちゃんと一緒に旅行

当然の休息は神聖な原因です。誰もが素晴らしい場所、海で休暇を過ごす余裕があります。しかし、計画は子供の出現とともに変化します。赤ちゃんがまだ赤ちゃんであるが、泳ぎたい場合はどうなりますか。赤ちゃんと一緒に旅行することに何の問題もありません。

休日に不快な驚きがないことを確認してください。これを行うには、トピック(赤ちゃんと一緒に海で休暇を過ごす方法)を確認し、気軽に道に出てください。

自然界にいることは、大人だけでなく新生児にも利点をもたらします。確かに、赤ちゃんがまだ生後6か月でない場合、医師はクルーズに行くことを勧めません。はい、そして思いやりのある母親はこれを許可しません-あなたは決して知りません。

では、必須の注意が必要なルールを覚えておきましょう。

海が呼んでいる:赤ちゃんと一緒に旅行
  1. 小児科医が旅行を承認しなくても、危険を冒さないでください。
  2. 生後6か月未満の赤ちゃんは、家にいるほうがよいです。
  3. 疲れないように、親戚、たとえば祖母を連れて行き、リラックスしてください。これまでのところ、何の役にも立ちません。
  4. 必要なものをすべて事前に準備します。
  5. 暖かい服を着て、まだボトル入りの水を飲んでください。
  6. 子供と一緒に2週間以上巡航しないでください。
  7. 応急処置キットがあることを確認してください。
  8. 赤ちゃんが人工栄養を摂取している場合は、十分に乾いた処方を用意してください。

赤ちゃんと一緒に海に行くと、赤ちゃんの体が鍛えられ、子供の成長にプラスの効果があります。皮膚の保護特性を強化します。これは、風と塩辛い海水によって促進されます。太陽はビタミンDの生成を活性化し、新鮮な空気が細胞を飽和酸素で満たします。

デメリット:

  1. 赤ちゃんに快適で好ましい状態を作り出すには、追加の金銭的費用を支払う必要があります。
  2. パン粉には時間がかかり、注意を払う必要があるため、乳母がいなければリラックスして完全に休むことはできません。
  3. お母さんが授乳中の場合、子供の消化不良やアレルギー症状を避けるために、エキゾチックな料理を制限する必要があります。
  4. 軽く乗ることはできません。必要なものをたくさん持っていく必要があります。

赤ちゃんと一緒に海に行く場所は?

混雑していない快適な海岸線を訪れるか、カントリーハウスを借りることをお勧めします。顕著な順応を避けるために、あなたの選択よりもあなたの故郷を好みます。クリミアやソチへの旅行にしましょう。しかし、赤ちゃんは安全で、貴重な健康を害するものは何もありません。

黒海が最良の選択肢です。

必要なすべてのサービスが黒海沿岸で提供されているため、新生児でもそこに行きます:

海が呼んでいる:赤ちゃんと一緒に旅行
  • 健康的な食品、中毒のリスクなし;
  • 医療;
  • 穏やかな気候条件。

次の選択肢はエジプトです。フライトは短いです。海は暖かいですが塩辛いです。赤ちゃんをその中に浸したり、海の処置の後に新鮮な水で十分に洗ったりしない方が良いです。

キプロス、ギリシャ、死海、トルコも良い選択肢です。

海で赤ちゃんと一緒にリラックスする場所を決める前に、次の宿泊施設の要件を検討してください。

旅がより簡単になり、心配がなくなります:

  1. ネイティブの気候の場所を選択してください。子供に適しています。
  2. なだらかな傾斜のあるビーチを選択してください。そうしないと、赤ちゃんを腕に抱いて、水に近づくのが問題になります。
  3. 救急車の世話をします。休憩所で緊急事態が発生した場合は、医師が必要になります。さらに良いことに、応急処置キットを携帯してください。
  4. 近くにショップ、薬局、遊び場、その他のインフラストラクチャがあると便利です。
  5. 騒がしい会社やパーティーに近づかないでください。彼らはあなたとあなたの赤ちゃんの睡眠を台無しにします。
  6. 補完的な食品を使用する場合は、機器が焼けて冷蔵庫が設置されている部屋が望ましいです。食品はどこかに保管する必要があります。
  7. 良好な室内衛生。

トランスポートも提供する必要があります。長い旅は大人にとっては面倒で、子供にとっては二重に面倒です。したがって、航空便を選択することをお勧めします。オプションは高価ですが、快適さはそれだけの価値があります。

電車は簡単にアクセスできる交通手段ですが、長くて非衛生的です。極端な場合は、コンパートメントの座席を予約し、暑い時期には旅行しないでください。

自家用車での移動は便利ですが、道が疲れます。途中で立ち寄り、車を換気し、空いていない場合はチャイルドシートを用意する必要があります。

幼児と一緒に海で必要なもののリスト

このリストには、必要なものがすべて含まれています。ノートを入手し、出発の1か月前に必要なものをすべて書き留めます。栄養から投薬まで、すべての選択肢を検討してください。

状況は予期しないものになる可能性があるため、適切に準備することが重要です。

海が呼んでいる:赤ちゃんと一緒に旅行
  1. 食べ物-幼児用フォーミュラ、インスタントシリアル、マッシュポテトを用意します。食べる場所は適切な製品ではない可能性があります。
  2. 飲み物-ボトル入りの水を持っていきます。
  3. 服-お手入れが簡単な素材と暖かい服を備えた夏のワードローブ。
  4. ベビーベッド-アイロンをかけ、プラスチックの袋に詰めます。何よりも衛生;
  5. 通常の洗浄手段を使用してください-シャンプー、石鹸;
  6. おむつや使い捨ておむつも便利です。
  7. ベビーカー-小さな子供向けの変圧器またはその他の携帯用アイテム。
  8. ファーストエイドキット-それなしではいられません。

幼児との海辺での休暇の場合、応急処置キットには必要なすべての薬が含まれている必要があります。これは温度計、包帯、プラスター、綿ウールです。タブレットから-吸着剤、抗発熱薬、鎮痛薬。消毒用-過酸化水素、アルコール、ブリリアント溶液遠吠えする緑。目と鼻のしずく-子供たちは海水から結膜炎になります。

また、いくつかの火傷防止製品と皮膚軟化クリームを入手してください。熱はとげのある熱を引き起こす可能性があるため、ベビーオイルやダスティングパウダーも役立ちます。消毒液を服用できます。

この旅行があなたとあなたの赤ちゃんに利益をもたらすと確信していて、長い旅に飽きることがないなら、行ってください。パスが簡単で、残りが忘れられないように!

ドラえもん最終回は本当にあった!

前の投稿 HCGと異所性妊娠
次の投稿 お祝い料理のための皇帝の料理-オーブン全体でスターレットを調理するためのレシピ