【出産エピソード】2人目の出産!前期破水・切迫早産からの出産でした。

3回目の妊娠:コースと出産の特徴

少し前まで、ロシアの家族はそれぞれ1人か2人の赤ちゃんを持つことを好みました。もっと子供をあえて持つ人はほとんどいませんでした。今日、生活水準は大幅に向上し、多くの子供を持つ親の国家支援も影響を及ぼしているため、大家族の仲間入りを計画している人にはその特徴を知っておく必要がある家族で3回目の妊娠は珍しくありません。

記事の内容

3回目の妊娠:特徴

3回目の妊娠:コースと出産の特徴

2人の子供を持つ女性は、新しい人生を送ることに対して、より穏やかで責任ある態度を取ることができます。彼女は経験不足によって引き起こされる恐れや疑いに苦しめられることはありません。彼女は体の次の再構築に耐えることができるでしょう。

中毒症や突然の気分の揺れはあまり一般的ではないことがわかっています。さらに、3人の子供の母親は牛乳を過剰に摂取しているはずなので、牛乳の入手可能性に問題はありません。

ただし、構想には一定のリスクが伴います。これは通常、女性が30年後に3番目の赤ちゃんを期待しているという事実によるものです。同様の年齢で、人はすでに多くの慢性疾患を患っています-心血管系、胃腸管、甲状腺、生殖器領域に関連する病気。

既存の健康上の問題は、新しい妊娠に悪影響を与える可能性があります。これは、構想を計画する過程でさえ、包括的な調査を受け、現在の状態を相対的な基準に戻す価値があることを意味します。

成熟した女性は、35歳で3人目の赤ちゃんがいる、または40歳に近い妊娠後期には、あらゆる種類の奇形が伴う可能性があるという事実を考慮に入れる必要があります。したがって、遺伝的問題を専門とする医師に事前に相談することは不必要ではありません。また、時間のずれの可能性を特定するために、スクリーニングテストを怠らないでください。

多くの女性は、3回目の妊娠中にいつ腹が成長し始めるのかという問題を心配しています。産科医は、最初の2つの妊娠が、16週から18週、時には20週にのみ、他の人の目に見えるようになることに気づきました。その後の妊娠では、腹部は13週から15週で特徴的に丸みを帯びます。これらの用語は、多くの要因に応じて、一方向または別の方向に2週間シフトする可能性があることに注意してください。

妊婦がいつ知ることも重要ですコルクが外れた場合、労働は3回目の妊娠で始まります。残念ながら、明確な答えはありません。コルクが一気に外れると、ほんの数時間で労働が始まることが期待できます。厚い秘密が部分的に目立つ場合、女性は1週間以内に子供に会わなければなりません。

3回目の妊娠中の最初の胎児の動き

3回目の妊娠:コースと出産の特徴

前回の赤ちゃんの妊娠後、女性は少し早くパン粉の動きを感じ始めます-すでに15週目から。もちろん、この期間は概算です。正確な日付は、母親の個々の特徴、母親の活動のレベル、および感受性の程度によって影響を受けます。

一般に、3回目の妊娠中の最初の胎児の動きは7〜8週間で発生します。しかし、胚のサイズはまだ小さいので、これらの動きは軽すぎて注意が必要です。経験豊富なママでさえ、彼らを区別することはできません。

動きの強さが女性から生まれた赤ちゃんの数に依存すると思い込まないでください。この問題では、発達中の男性の性格と彼の現在の健康状態が主な役割を果たします。母親が胎児の震えを感じたいのなら、彼女はすでにその活動を引き起こす方法を知っています。これを行うには、子供にとって不快な姿勢を取ります-あなたの側またはあなたの背中に横になります。

赤ちゃんが激しく蹴りすぎて女性に不快感を与えると、すぐに落ち着かせることができます。彼女は良い話を読み始め、高揚する腹を撫でたり、リラックスした静かな音楽を聴いたりします。

3番目の誕生:準備活動

自分の健康をできるだけ確保するために、女性は積極的に3人目の赤ちゃんの出現に備える必要があります。この目的のために、それが推奨されます:

  1. 予想される施肥の6か月前に、腹部を強化するために腹部の特別な運動を開始する価値があります。筋肉が強くなるほど、胎児が発達する子宮をより効率的にサポートします。また、他の一般的な強化活動にも時間を割く必要があります。
  2. 2回の妊娠が成功した後は、大量の余分なポンドを許可しないことが重要です。これは体への追加の負担になるだけです。 3回目に過剰な体重を減らすことはより困難です。
  3. 3人目の子供を妊娠すると、骨盤底の筋肉に大きな負担がかかります。それらを維持するために、婦人科医はケーゲルの練習を使用することをお勧めします。妊娠期間中だけでなく、パン粉の出現後にも実行する必要があります。
  4. 妊娠20週目から、追加のサポート包帯を適用する必要があります。腹壁を過度に伸ばさないように保護します。
  5. 3回目の妊娠中の出産の兆候に気付くためには、自分の気持ちに特別な注意を払って耳を傾ける必要があります。子宮頸部は短時間で開く可能性があるため、遅延は許容されません。
  6. 骨盤底の筋肉をさらに効果的に強化するには、定期的にコントラストシャワーを使用する必要があります。これは重要です早産の可能性を減らし、胎児の安全を確保します。

セサリアンセクション後の3回目の妊娠

通常、2回目のセサリアンセクションの後、女性は自発的な滅菌を提供されます。ただし、健康に害を及ぼす可能性があるにもかかわらず、大家族を望んでいる人もいます。

このような繰り返しの操作は、多くの複雑さとリスクにつながる可能性があります。

3回目の妊娠:コースと出産の特徴
  • 流産のリスクの増加;
  • 早産;
  • 慢性的な胎盤機能不全;
  • 腸管の損傷;
  • 尿管と膀胱の損傷;
  • 子宮のすぐ近くにある臓器の変位、それらの変形;
  • 大量の出血;
  • 子宮の除去;
  • 長時間の麻酔、胎児の低酸素症の不快な結果;
  • 接着形成;
  • 既存の傷跡に沿って子宮が破裂する可能性;
  • 死亡の可能性が高くなります。

帝王切開後の出産の特徴

3回目の妊娠は、女性の体が回復できる一定期間後に行う必要があります。医師は少なくとも2〜4年の休憩を勧めています。

3回目の妊娠:コースと出産の特徴

望まない受胎の発生を避けるために、定期的に避妊薬を服用する必要があります。休息期間中に、curettage、強制配達、および中止操作によって子宮を傷つけることは禁じられています。

37歳で妊娠した場合、3番目の子供は自然に生まれない可能性があります。妊娠中、専門家は女性を徹底的に検査し、状況の専門家による評価を行い、希望する配達オプションを選択します。セサリアンが行われる場合、医師はアドバイスするだけでなく、母親の命を救うために滅菌を強くお勧めします。

したがって、母親が自分の状況のすべての特徴を考慮し、概念を正しく計画し、医師の推奨に従い、次の出産に適切に備える場合、3番目の子供は家族にとって本当の幸せになります。健康で本格的です。スパン>

【感動の瞬間】元気な赤ちゃんが生まれました

前の投稿 私たちは個人的なプロットを飾ります:植えるピンクの花の茂みを選択してください
次の投稿 DIY石の模倣:ステップバイステップガイド