動脈硬化の治療

血小板増加症-潜在的な血管の危険性

血小板が上昇したときの身体の障害は、赤血球のレベルの低下と同じくらい危険です。また、2番目のケースで、血液凝固不良を背景に出血や失血が発生した場合、最初のケースではさらに危険なリスク、つまり血管閉塞や血栓形成のリスクがあります。

記事の内容

リスクグループ

血中の血小板数の増加の主な形態は、主に遺伝的要因と後天性の関連免疫疾患によって決定されます。子供の二次性血小板減少症は、生後数か月から数年の深刻な病気によって引き起こされる可能性があります。

血中の血小板が大幅に増加するとはどういう意味ですか?

血小板増加症-潜在的な血管の危険性

成人の体内の赤血球濃度の基準は、血液1マイクロリットルあたり15万から40万の間で変動します。子供の場合、この数字は18万から32万の範囲であり、新生児の場合は10万から42万の範囲です。上限しきい値を大幅に超えている場合は、血小板減少症などの病態について話し合っています。

この病気は、血流中の血栓形成の増加を引き起こし、その結果、血管閉塞を引き起こすという点で危険です。同時に、人々の間では、濃い血について話すのが通例です。この問題のある人は実際には出血していませんが、重度のうっ血性浮腫がしばしば見られます。

この問題は、血液専門医によって処理されます。彼は彼の患者に障害の鑑別診断を提供し、適切かつ効果的な治療を行い、そのような現象の予防のための規則を紹介します。人に障害があるかどうかを判断するために、標準の完全な血液カウントが行われます。

血小板増加症の種類とその鑑別診断

血液中の赤血球の平均量がわかったので、手で得られたテスト結果を個別に解読できます。 180と表示されている場合、血小板密度は血液1マイクロリットルあたり180,000であり、健康状態は正常です。

指標が基準を超えているかどうかはまったく別の問題です。平均血小板量が増加した場合、これはどういう意味ですか?これは、自然凝固の違反を示しています。血液凝固。

血小板増加症-潜在的な血管の危険性

しかし、これは必ずしも長引く慢性病態と関連しているわけではありません。あなたの場合の血小板増加症の現象は、例えば、広範囲の内部炎症、または外傷の結果として受けた出血によって引き起こされる、一過性で生理学的である可能性があります。

これは、体の基本的な保護機能によるものです。大量の血液を失うと、凝固の原因となる体のより活発な生成が始まります。システムや臓器へのストレスが見過ごされないことを理解する必要があります。

血小板減少症が発生します:

  • プライマリ-この場合、障害は骨髄の先天性機能障害に関連しており、過剰な赤血球を生成します。この形態の病気は、実際には症状がないという点で潜行性です。非常にまれなケースですが、患者は原因不明の頭痛に苦しんでいる可能性があります。
  • 二次的-この状況では、血小板減少症は、特定の疾患、全身性感染症および病変、腫瘍、外科的介入、特定のカテゴリーの薬物療法の副作用によって引き起こされます。二次性血小板減少症も現れない場合がありますが、通常、関連する病状のダイナミクスを監視するか、手術および積極的な治療後の患者の定期検査によって正常に診断されます。

誰でも自分の意志で問題をチェックすることができます。血中の血小板の増加が疑われる場合は、標準のテストパッケージを実行することで、そのような診断を確認または除外できます。

血小板増加症の診断には、以下の検査が含まれます:

血小板増加症-潜在的な血管の危険性
  • 一般的な臨床血液検査;
  • 4日間の時間間隔で3回続けてサンプリングと実験室試験を行うことにより、血液中の血小板の数を追跡します。
  • フェリチンと血清鉄の測定;
  • 凝固図(血液凝固検査);
  • 骨髄生検;
  • 腹膜および骨盤臓器の超音波;
  • 血清C反応性タンパク質テスト;
  • 泌尿器科医または婦人科医との相談

血小板減少症はいくつかの理由で引き起こされ、治療を成功させるために初期の病状の治療が必要になる場合があります。

子供と大人の血小板増加のメカニズム

血中の赤血球が増加する理由は非常に多様です。

小児(新生児および乳児を含む)の血小板増加は、小児期の疾患、手術、体内の鉄欠乏症などの要因に関連している可能性があります。

小児障害の原因の中で、強調する価値があります:

血小板増加症-潜在的な血管の危険性
  • 血液の病理血管系および循環系(骨髄性白血病、赤血球血症、血小板血症);
  • 髄膜炎;
  • トキソプラズマ症(母親が病気の場合は子宮内感染症の可能性がある);
  • 肺炎;
  • あらゆるカテゴリーの肝炎;
  • 寄生虫の侵入;
  • 病原性真菌およびその他の微生物の感染に関連する疾患;
  • 脳炎;
  • 消化管のウイルス性疾患;
  • 外科的介入の延期;
  • 鉄欠乏性貧血;
  • 急速な成長と発達、および子供の精神状態に関連するさまざまなホルモンの混乱。

また、子供では、問題は遺伝的特徴に関連している可能性があります。これは、彼らの場合の血小板増加症が純粋に遺伝性の性質のものであることを意味します。

女性と男性の血小板が持続的に上昇する理由は次のとおりです。

血小板増加症-潜在的な血管の危険性
  • 細菌、真菌、ウイルスの侵入に関連する感染症。
  • 体内の急性鉄欠乏症(この要因はよく理解されていませんが、医師は貧血と血小板減少症の関係をよく認識しています)。
  • コラーゲン症;
  • リウマチ性関節炎;
  • さまざまな病因の肝疾患;
  • 脊椎関節炎;
  • サルコイドーシス;
  • カワサキシンドロームとシェンラインシンドローム;
  • 手術によって除去された脾臓;
  • 特定の薬剤(交感神経刺激薬、有糸分裂抑制剤、吸入コルチコステロイド)の概略投与
  • 腫瘍新生物および腫瘍病理学(特に神経芽細胞腫、リンパ腫、肝芽腫)

妊婦では、血小板減少症は中毒症および妊娠症と関連している可能性があります(これは後期の中毒症の名前です)。

血小板を下げることは可能ですか?

通常、特に関連する血小板減少症が隣接する病状と診断された場合、効果的な薬物治療は医師によって処方されます。たとえば、一時的な固定を伴う重傷や手術の後、医師は予防策として抗凝固剤を処方します。

では、どのような薬で赤血球レベルを下げて最適化できるでしょうか?

  • 抗凝固剤(血液を薄くする薬);
  • インターフェロンおよび免疫調節剤;
  • 抗血小板剤(血小板凝集を制御する);
  • アナグレリド;
  • ヒドロキシ尿素。
血小板増加症-潜在的な血管の危険性

まれに、血小板減少症(輸血から過剰な血球を除去した輸血)などの深刻な処置が行われます。

あなたを観察または治療する医療従事者は、食事療法を実践する必要性を強調します。これは、メニューから不健康な可能性のある食品を排除することによって食事を合理化するだけでなく、人種を豊かにする必要があることを意味します。血液希釈剤とイオン。

血小板減少症の人は、次のような製品を必要としています:

  • オリーブオイル(できればコールドプレス、厳密に天然)
  • 亜麻仁油;
  • 魚油;
  • 玉ねぎとにんにく;
  • トマトジュース;
  • ベリー(酸っぱい);
  • レモン。

豊富な飲酒が必ず示されます(1日あたり少なくとも1.5〜2リットルのきれいな飲料水+天然成分、フルーツドリンク、フレッシュジュース、ハーブの調合と注入、緑茶)。乾杯!

【放射能対策】血小板減少症と福島で起きていること

前の投稿 ジーンズの穴を修復する方法:ヒントとコツ
次の投稿 ご飯で体を洗う方法は?