【保護者向け】お子さんのプライベートゾーンの洗い方教えます!

通常のナプキンから何を作ることができますか?

子供と手工芸品を作ることは興味深いだけでなく、便利でもあります。コミュニケーションに加えて、子供は彼の動きを調整することを学び、想像力、器用さ、そして正確である能力を発達させます。ナプキンからの工芸品は、実行技術の点で最も多様であり、原材料のコストは低いです。

記事の内容

ナプキンからどのようなアイテムを作ることができますか?

通常のナプキンから何を作ることができますか?

紙のナプキンは色、サイズ、密度が異なり、特定の形状になりやすいため、子供の創造性の出発点としてよく使用されます。できる最も簡単なことは、窓や花輪に新年の雪をかけることです。他の仕事も技術的にはそれほど複雑ではありませんが、もっと時間がかかります。

マルチカラーのテーブルナプキンは、次のものを作るのに適しています:

  • 体積測定アプリケーション;
  • カラーペインティング;
  • 色;
  • 折り紙;
  • 人形。

各工芸品にはさらに材料が必要ですが、主な要素は薄い半透明の紙です。

アプリケーション

アップリケを作成するには、紙、のり、はさみ、多色の紙のスカーフが必要です。使いやすさのために、後者は小さな正方形にカットするか、バラバラにする必要があります。クラフトが作られる表面を新聞や特別な油布で覆うのが最善です。

最初に、写真を選択するか、空白のシートに将来のアプリケーションの図面を作成する必要があります。年少の子供には、もっと軽いものをとるのが最善です。たとえば、雪だるま。大、中、小の3つの円が段ボールベースに描かれています。バケットハット、目、鼻は色紙から切り出されています。ナプキンは細かく裂かれています。これで準備作業が完了し、作成を開始できます。

ベースに接着剤を塗って、色のついたものを置きます。それらはできるだけ互いに近くに接着する必要があります。すべてを閉じると、側面にハンドルが作成されます。その後、目、鼻、帽子を所定の位置に置くことが残っています。クラフトの準備ができました!

年配の男性は、断片の代わりに、ねじれたり切ったりした長いティッシュストリップを使用できます。両方の部分を組み合わせると、面白い小動物と男性が生まれます。

写真

それらの作成の原則私はアプリケーションに似ていますが、破れた部分からではなく、ねじれたボールから接着する方が便利です。ナプキンは小さな正方形に分割され、次に異なる色のビーズが丸められ、瓶またはボウルに入れられます。絵のスケッチが白い紙に描かれています。

次に、各ピースを特定の色のボールで接着する必要があります。これを行うには、PVA接着剤を紙またはベースの表面に塗布します。これを順番に行うのが最も便利です。つまり、最初に1つの色のボールを配置し、次に別の色のボールを配置します。

花などの体積要素を取得するため。ナプキンを数回折りたたみ、中央にホッチキスで留めます。次に、円を切り取り、エッジに切り込みを入れてフリンジを作成します。これで、各レイヤーを中央に曲げて、しっかりと押すことができます。その後、花を写真に接着することができます。このようにして、タンポポやカーネーションを作ることができます。

他の色の場合、さまざまな形状の形状をカットできます。エッジは歯状突起、波で作られているか、まったく触れていません。自分の手でそのような工芸品を作るときは、重ねるほど、つぼみが大きくなることを覚えておく必要があります。

ナプキンの花

通常のナプキンから何を作ることができますか?

クリップのある中央に本格的な花を咲かせるには、爪楊枝または紙で包んだワイヤーを挿入します。小さな三角形を切り抜くことにより、エッジが鋸歯状になっています。ボールを得るには、レイヤーを上だけでなく下にも圧縮する必要があります。いくつかの花を作ったら、ゴージャスな花束を集めて、即席または本物の花瓶に入れることができます。

変更のために、そこにバラを貼り付けることもできます。それらは次のように作られています:歯ぎしりまたは細いワイヤーが中央に挿入されます。美しさのために、それは緑色の紙で包まれています。さらに、ナプキンを半分に折り、角を内側に取り除くと、花びらが巻き始めます。花びらが1つ、ナプキンが1つであるほど、花はより壮大になります。下にカップと葉が付いています。バラの準備ができました!

同様に、色とりどりのナプキンから自分の手で他のフラワークラフトを作ることができます。これを行うには、花びらの形状を変更するか、別の方法でつまようじで巻きます。得られた花は、花瓶に入れるか、花の咲く木にすることができます。

人形

人形も作れます。最も簡単なことは、紙をいくつかの層に折り、ストリップを作ることです。次にそれを半分に曲げ、糸を使って頭を形作ります。次に、紙管を垂直に挿入し、糸で結ぶ必要があります。これが手になる方法です。

残りのテールは毛羽立ち、スカートを手に入れます。目と口はマーカーで描かれています-クラフトの準備ができています!同様の技術が布や糸人形の製造にも使用されています。

バレリーナを作るのはもう少し難しいです。作るには、2枚の柔らかいワイヤー、マルチカラーのナプキン、窓を貼り付けるための粘着性のある紙テープ、サテンリボン、はさみが必要です。ベースにはワイヤーが必要です。

長さ30 cmのピース上から始めて、半分に入れて5センチねじって、底をそのままにします。次に、クロスバーを取り付けます。これらは手になります。結果の skeleton は、ウィンドウを貼り付けるためにテープで包まれているため、開いた領域や鋭い端はありません。さらに上部をテープで包むことができ、より美しくなります。

スカートは紙でできているので、レイヤーが増えるほど、ツツはより壮大になります。中央に穴を開け、ダンサーのスケルトンを引き込みます。裾をしっかりと結び、体を飾るドレスは残っています。このようなバレリーナは、基礎が柔軟であり、必要に応じてそのような美しさの全体的なパフォーマンスを身に付けることができるため、ダンスのステップを することができます。

これらの紙のナプキン工芸品は、ランプや天井から紐で吊るして空中に浮かせることができます。女の子は紙人形で遊ぶのが大好きなので、そのような工芸品は余暇の時間を整理するのに最適です!

折り紙

折り紙は最も難しいタイプのペーパークラフトです。図は、葉を正しく折りたたみ、スキームを厳密に遵守した場合にのみ得られます。このプロセスは骨の折れる作業ですが、優れた運動能力を完全に発達させ、忍耐力と指示に従う能力を発達させます。

すべての子供は子供時代に最初の折り紙を作ります。通常、これは飛行機、駐屯隊の帽子、またはヒキガエルです。チューリップの花と水爆-デザインより少し複雑です。これらはシングルシート製品の例です。

より複雑な形状では、数百または数千の部品が必要になる場合があります。ほとんどの場合、これらは特別な方法で紙で作られた三角形です。それらは特定のパターンに従って組み立てられ、形を構築します。

通常のナプキンから何を作ることができますか?

工芸品は非常に美しく、努力する価値がありますが、残念ながら、誰もがそれらを作るのに十分な忍耐力と正確さを持っているわけではありません。多くの折り紙の本が店頭で販売されているので、誰でも自分でこのレッスンを学ぶことができます。

一緒に楽しむだけではありません

子供のためにナプキンから工芸品を作ることは、何かを学び、子供とより多くの時間を過ごすもう1つの理由です。私たちの忙しい時代には、これは何らかの理由でほとんどの家族に欠けているものです。

これらの簡単なアクティビティは、新しい経験を積んだり、自己管理したり、赤ちゃんの自然なデータを開発したりするだけではありません。

最愛の子供と過ごす毎分は、相互理解と信頼を強化します。別の傑作を作成するために費やした時間は長い間記憶され、子供の手によって作られた美しさがすべてのインテリアを飾ります!

色んな袋の作り方。初心者さんも そうでない方も 必見!底マチ袋の作り方

前の投稿 げっ歯類から財産を守る
次の投稿 自宅のジム設備:エキスパンダーの使用を開始する方法は?