【告白】子宮頚がんの高リスク型に感染した話/検査費用/今後の対策/専門医直伝〇〇を洗うとリスクが下がる

良い形の子宮が危険なのはなぜですか?

ストレスと煩わしさに満ちた現代の加速生活では、ほとんどすべての妊婦は、赤ちゃんを待つことによる陶酔感と喜びに加えて、緊張感が増す恐ろしい状態に直面しています。疑ったり考えたりする理由。

自分や赤ちゃんに何か問題があると信じて、パニックになる人さえいます。妊娠中の子宮の高張性とは何かを理解してみましょう。

Tonusは、安静時の部分的な筋肉収縮の生理学的状態です。収縮を設定する神経インパルスに対する一種の生理学的準備。すべての女性が理解できる子宮緊張の増加の例は、月経中またはオルガスム中の収縮です。

良い形の子宮が危険なのはなぜですか?

妊娠中の正常な緊張は、触ると臓器の壁が柔らかく、胎児を感じる能力があることを意味します。子宮壁が密集している場合(妊婦は石のように話すことが多い)、腹部に触れると痛みが生じ、不快な感覚が現れるか、引っ張る下腹部と背中下部の痛み、これは妊娠中に発生する子宮の緊張の増加です。そのような収縮が短命であり、女性が第3学期にある場合、これらはおそらく訓練収縮であることに注意する必要があります。

記事の内容

理由

妊娠中に子宮の緊張が高まる理由はさまざまです。したがって、自然な理由は次のとおりです。

  1. ストレス、神経ショック;
  2. 身体活動(私は走りながら住宅団地に駆け寄り、トロリーバスで話し、階段を上った);
  3. 触診(女性は、子供がどこでどのように押したのかを自分で感じようとすることがあります。または、医師が検査中に腹部を調べます)。
  4. 自然収縮(トレーニング収縮)。

残念ながら、トーンの理由はまだ妊娠自体の問題のある側面にあることがよくあります:

良い形の子宮が危険なのはなぜですか?
  1. 初期の段階では、緊張の増加は、ほとんどの場合、4か月目まで卵巣の黄体によって生成される低レベルのホルモンプロゲステロンによって開始されます。黄体は成熟した卵の部位で形成され、この場合は受精し、プロゲステロンは卵子の移植(付着)のために子宮内膜を準備します。さらに、プロゲステロンは、子宮の平滑筋の弛緩過程を調節して、胎児の拒絶を防ぎます。したがって、その欠如は妊娠中に子宮の緊張を引き起こす可能性があります。
  2. p以外のホルモン病態ロゲステロン欠乏症。したがって、たとえば、緊張の増加は、妊婦の血中の男性ホルモンのレベルの増加によって引き起こされる可能性があります。女性が甲状腺または副甲状腺、副腎、下垂体、およびその他の内分泌疾患に問題がある場合は、妊娠中のホルモン状態を監視することも必要です。
  3. 重度の中毒症も緊張を引き起こす可能性があります。多くの場合、嘔吐の過程で、横隔膜と胃が収縮するだけでなく、筋膜を含む腹部腔のほとんどすべての滑らかな筋肉が収縮します。
  4. 子宮の異常(2つの角のあるサドル型、中隔付き)
  5. Rh競合、母親と子供の父親のRh係数が異なる場合、母親の体は子供を異物として拒絶する可能性があります。トーンは拒否を引き起こすだけです。
  6. 生殖器の感染症と炎症。また、過去に治療を受けていなかった場合、緊張を引き起こす可能性があり、妊娠中の免疫抑制は単にそのような感染症の再発を引き起こしました。
  7. 子宮の過度の伸展。これは、複数の妊娠または大きな赤ちゃんを運ぶときに発生します。さらに、polyhydramniosは子宮を伸ばしすぎる可能性があります。
  8. 中絶の歴史;
  9. 腫瘍と転移;
  10. 鼓腸または腸の運動性の変化。

症状

妊娠中の子宮緊張の増加の症状は次のとおりです。

  1. 初期の段階では、これは通常、下腹部の重さ、時には痛み、または腰や仙骨の重さの感覚です。
  2. IIおよびIII学期では、裸眼でも高張性が見られます。腹部は急激に収縮し、まるで石のようになります。
  3. 腹部に触れたとき、または上記の腹部収縮を常に伴うときの痛み。
  4. 場合によっては、出血が見られます。

ほとんどの場合、女性自身が子宮の高張性の症状を認識できます。できるだけ早く医師の診察を受け、友人のアドバイスでno-shpaやMagne-B6を飲み込まないことが重要です。

トーンの増加が女性にはまったく見えない場合もありますが、医師がそれを見つけて保存のために入院を主張する場合は、拒否しないでください。これは、子宮の緊張の増加の結果によるものです。

結果

高張性の結果はさまざまであり、それらのいくつかは完全に不幸です。初期の段階では、トーンの増加は自然流産(流産)を引き起こす可能性があります。

良い形の子宮が危険なのはなぜですか?

妊娠中期に、高張性は子供の酸素欠乏につながる可能性があります-収縮した子宮は、血液と栄養素を供給する血管を圧迫します。あなたの幼児は成長を停止したり遅くなったりするかもしれません、そして彼の脳の発達は苦しむかもしれません。

後の段階、つまり28週間後、妊娠中の子宮の高張性は時期尚早のrhoを引き起こす可能性がありますdy。この概念は、未熟な新生児が看護される期間であるため、28週間後に正確に導入されます。

高張性の診断と治療は、もはや妊婦を心配する必要はありませんが、主治医を心配する必要があります。


すでに緊張が高まっている妊婦は、超音波検査、胃腸科医、神経病理学者、その他の専門医の診察を受けるようになるため、自分自身と子供に対するリスクがさらに高まります。

病院の環境では、ほとんどの専門家が病棟に直接来て、自宅で通常行われるように(洗濯、アイロン、掃除など)、女性がベッドレストを壊すことが少なくなります。

理解して覚えておくべき主なことは、子宮の高張性はそれだけでは治療できない症状であるということです。原因を突き止めて排除する必要がありますが、外来で常に可能とは限りません。

子宮頸がん ~安心して治療をうけるために子宮頸がんを知ろう~

前の投稿 おいしい魚を調理するか、銀鯉を適切に漬ける方法
次の投稿 ヨークシャーテリアの子犬をトイレで訓練する方法